電気工事のポイント

ベット

電気の配線計画は注文住宅を建築した人の後悔の中でも多い

電気工事というのは注文住宅を建築した際に多くの人がこうすれば良かったああすればよかったと後悔をしている工事の一つなのです。注文住宅を建築した人でなくても住宅で生活をしていてここにコンセントがあればスイッチがもっとこっちにあれば便利なのにと感じる人は多いのではないでしょうか。たこ足配線で延長コードをたくさん使っている住宅も多いのではないでしょうか。 新築住宅の工事中であれば3,000円から5,000円程度て設置できるコンセントも住宅が完成してからでは8,000円から中には10,000円以上の費用を取られる場合もあるのです。実際にコンセントを一か所増設する工事にかかる材料費というのは配線状況や設置場所にもよりますが数百円かかるかかからないかという程度なのです。材料もホームセンターでそろう場合もあります。とはいえ電気工事には危険も伴うので必ず資格を持った専門業者に依頼することが必要です。

電気工事の際のリスクとは

一か所スイッチを増設したりコンセントを増設したりする程度の電気工事は知識があればあっという間に終了します。一時間程度で終了する場合もあるくらいなのです。実際に電気工事の作業を見ていても作業の方法さえ修得すれば簡単に行えるような作業です。とはいえあくまでも電気が流れるところで作業を行うのです。感電するなど人体に危険のある工事なのです。工事中には何ともなくても使用していたら壁の中で配線がショートし火事になったなどおおごとに発展する危険性もあるのです。このような火事になった場合資格を持たず工事を行った電気工事が原因であれば火災保険も適用されないのです。ですから費用は掛かってもしっかりと資格を持ったプロの業者に依頼することが重要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加